通販と転職が趣味なんです

とにかくなんでも好きに書きたいんです。

通販と転職が趣味なんです header image 2

肌の変化

2014年03月16日 by naoki

思春期の頃はニキビと呼んである程度経つと吹き出物と呼びますが、基本的には両方とも
同じ意味で使うと思うんですがその境目というか違いはどこから生まれるんですかね?
まあ最近では吹き出物と呼ばずに大人ニキビと言ったりすることもありますよね。
あんまりガッツリ吹き出物ができるということはないのですがそれでもたまにできます。
ただやっぱり思春期にできていたニキビとはできる場所も性質も違うような感じがします。
若い頃はよく眉間周辺のいわゆるTゾーンによくニキビができていましたが大人に
なってからはこの部分にニキビができるということはまずなくなりました。
後は若い頃のニキビは潰そうとしてもかなり痛かったりそもそも潰れないような感じですが
大人になってからできる吹き出物は結構よく潰れるというか中の角栓みたいなものが
押すと出てくるのでそれがちょっと快感だったりします。
炎症を起こしているというよりも汚れが詰まっているみたいな感じですかね。
なので大人になってからできたニキビはほとんどと言っていいほど潰しています。
ニキビにもいろいろな種類があったりしますが赤くならないやつならさほどできても
問題がないというか潰す時の快感と目立たないという点において許容している感があります。
それよりも年を取って全体的に毛穴が開いている感じがあってそっちのほうが気になりますね。
保湿が大人ニキビケアのカギ

タグ : コメント(0)

コメント(0)

コメントを受け付けておりません。